スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工地震のスイッチを押させない方法の例

前回は東京大地震を回避する方法、などとエラソーに書いておきながら、実際にどうするのかについては、シドニーおちんさんのページに飛ばさせてしまったり、はなはだ不親切な書き方をしてしまいました。急いで書いたもので、本当にすみません。

さらに「スイッチ押しちゃダメだっぺ大作戦」のフォローをするつもりがそれもすっかり抜け落ちてました。

ですので、奴らに人工地震のスイッチを押させない方法の実例として、まいどさんのページを勝手に転載させてもらいます。(まいどさん許してちょんまげ)

<<転載開始>>
さて、深夜ふと目が覚めてブログを覗いたら、
震度3の地震が東京であったとのワンだ5等兵さまからの連絡。
(私はどんな情報過疎にいるんでありましょうか!)
そうか~。すかしっぺにはならなくて、ちょっと音が出ちゃったんだ~と
安心してベッドに入ったものの、ここはまだ気を抜いてはなんないでっしょ!と思い直し、
深呼吸をしてからイメージしてみましたよ。

狭く暗い無機質なお部屋の中、
なんだかわかんないんだけど、大きな赤いスイッチを前にした人の影の周りを
半透明の人(私たち)6人ぐらいで、そのスイッチを押さないように念じながら囲んでいます。
・・・・(私ってボキャブラリーだけじゃなく想像力もNGみたい。)

前にバシャールが夜中の2時ぐらいが一番集中力があがるとか読んだ気がするので
そうか、今ちょうどチャンス!っと思ったのだが、
これ結構疲れますね。あんど眠くなってきたし。
・・・・とりあえず、スイッチを押せないようにしちゃえ!
急遽、イメージを切り替える事にした私は、ポケットから、瞬間強力接着剤をとりだして、
スイッチの周りを塗り固め、完全に乾くのをまって、どっぷり眠ってしまいますた。

そして、眠っている間に、夢の中で5層目パイプでぐるぐる回っている
誰かの楽しそうなお皿を受け取ってしまいますた。誰のだったかはわからない。

すみません。今夜はまじめに実験します。

ありがとう。
ごめんなさい。
許してください。
愛してます。
ぽのぽの
<<転載終り>>


こんな感じで、意識的に現実を創り出すために筋書きを自分で考えて強~く思う、という作業をなるべく多くの人にやってもらいたいなぁ~と思っています。違う現実を創り出してしまいましょう。

まいどさんも好きだというバシャールは、あるビデオの中で「想念で各人が未来を創り始めたら、例えばある人が恐怖に打ち震えるような経験をしている真最中でも、その隣にいる人は正反対の現実を見ていたり、全く違う経験をするという事も起こりえるんだ」と言うてはりました。

この違う現実が並行して起こるというのを、ドロレス・キャノンというおばちゃまもプロジェクトキャメロットで最近、話してました。次回にその話が書けたらいいんですが(と急に気弱に)。ちょっとこれから仕事じゃないがボランティアワークがたてこみそうなので、それではまた書ける時に書く、と言う事で(って、いつもと同じじゃん)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひゃほ~いっ!

転載ありがとうございます。

ちなみにですね、私の想像の中の私達を実体化させると、
森三中キャッツアイです。で、今のところ女性(おばさん)が多いんだけど、おじさんもぼちぼち混じっていて、こんな姿見たら相手は笑わずにはいられないだろう。もうおなかが捩れるほど笑うのでスイッチが押せず、逃げてしまいます。

 まいど二等兵ですた。

これはすごい

ワタス、まだmistymidoさんとこ行ってない。大急ぎで行って来ます。
ワタスのとこに新記事のお知らせがなかったんだな。時々抜けるので、巡回せにゃならんと思ってただのに、また、出遅れますた。すまんこってす。
で、そうなんかい。プロジェクトキャメロットのおばちゃんも、バシャールも、そんなことを言ってたんだかぁー。
森さん、ワタス、やるよ。いい未来創って、そのいい世界に突入するぜよ。
でも、実は少しとまどっております。それはつまり、大災害の真っ最中に、カッカッカッと、一人笑いしてたりするってことだべか。
もしそうなら、ワタスは一人で笑ってるかも知れんです。
そしたらすんません。別の世界に行ってると判断して置いてってちょんまげ。   by なんかおいてかれそうなよかんのおちん。

No title

まいどさん、おちん姐さん、さっそく来てもらってありがとうございます。
(情報早いなぁ、ふたりとも!)

え何ですって?キャッツアイの姿をした、森は森でも森三中って。もしかしたらぽっこりお腹かが出ていたりとか。その姿でレオタードだったりとか。ぷぷぷっ!(って、人のことは笑えませんって。森も最近、ぽっこりなもんですから。)まいどさんの豊かな想像力に感謝です。森はその続きを考えてみましたよ。

そのスイッチ押そうとしてる人、スイッチに手をのばしたら、急に周りに強~く気配を感じて、なんだか気が変わります。
「やっぱ、やぁ~めた。自分、こんなこと引き起こすために○○に入ったんじゃないもんね…」

なーんてね。森の貧しい想像力だと、ビル・ライアンの言っていた映画『アバター』に出てくるヘリコプターの操縦士だかなんだかと同じような展開になりますた。(アバター観てみたいんですが、もう3-4年は映画館行ってないもんで…。日本語字幕のあるDVDで観てみようと思ってます)

おいていかれそう、っておちん姐さん。矢継ぎ早のブログ更新で、森は本当に尊敬してるっす。それに、各所でこまめにコメント書き残してるその機動力は、とてもマネできません。おちん姐さんのところに人が集まってきているのは、その読みやすい文章もさることながら、姐さんの筆まめによるところが大きいっす。姐さんのお人柄だと思って、北半球からいつもエールを送ってるっす。

で脇道にそれちゃったですが、「大災害の真最中にひとりで大笑い」って、つまりバシャールの並行宇宙と同じってことだすね。大災害になる現実創造しちゃった人の隣で、姐さんは平和な東京&ハトせんべい焼いてるゆきおとかを創り出してる訳で。もしかしたらゆきおったら、あの宇宙人顔で面白いこと言ったりしてるかもです…

今、時計で日本時間13日の深夜24時を15分ほど過ぎました。
大難を小さくできたってことで、一つハードル超えたみたいです。なに?まだ足して18になる日があるって?またジャンプすればいいっす。さすらいの5%革命団の活躍やいかに。この続きはまた今度…

お忙しいところ、コメントありがとうございます。

ワタスは、この前にそのパラレルワールドの話を読んで、固まってしまいますた。
バシャールが2012年辺りを境目に、その個人個人による波動の差異で、放射線状にパラレルワールドが発生して、初めはまだ乗り継ぎの駅もあるだろうが、それもなくなるだろうと。
それは、初めは、それこそ、家族もばらばらになるのだろうか?という話に加えて、(まぁ、家族なんて喧嘩していても、それはバランス取りもあって、心配するほど波動が違っていたら元々家族にはならないだろうと思ったのですが、)
それをとことん考えると。。。。今、とてもネガティブな発想をする人(それは、私敵に奴らに洗脳されてしまっている人は)奴らが演出する世紀末によって自分も破壊されるって事を選択するという意味ではなかろうかと。
そこで、まいど二等兵はどうしていいのか解からなくなってしまったのですが、
他人を変えることは出来ない。その人の選択が全て!まず自分が変わるしかない!と思い、毎日あほなことをやっています。

破壊されるパラレルワールドに誰かを残して自分だけ行く準備するのって、嫌だよね。
でも、どうしていいのかわからないまま飛んだり跳ねたりしているまいど二等兵ですた。
そこに忽然と現れてくれた鏡となって存在してくれる人たちがブロ友の皆さんだと思っています。

ありがとうございます。

趣味・特技は妄想です^o^v

こんばんは!いつも興味深い記事をありがとうございます!
初めてコメントさせていただきます^^

私は、「やつらが、スイッチを押そうと
大勢でスイッチを囲んでスタンバイしていて、
3.2.1で押したんだけど、
押す係りの人がどんくさいのか緊張していたのか、
間違えてうっかり隣のボタンを押してしまい、
「しまった!」と思った瞬間に
待ってましたとばかりに別の人が
「間違っとるやないかい!」と何故か関西弁で、
これまた何故か、どこから入手したのか
ちゃっかりハリセンまで用意して、
間違った人の頭をダウンタウン浜田も顔負けの勢いではたいて、
はたかれた人が「いったい(痛い)わぁ~」と半泣きになってる間に、
自分達がいる場所にM8.0ぐらいの超巨大地震と津波が来て、
あれよあれよという間にご臨終」←(長くてすみません^^;)

というストーリーを
勝手に作って楽しんでます^^

あ、あと、
「スイッチを押そうと大勢でスイッチを囲んでスタンバイしていて、
3.2.1で押そうとした瞬間に床が抜け、
落ちた先には無数のお腹をすかせたピラニアがお待ちかねで、
「ちょwwマジありえへん」などとほざいている間に、
容赦なく食べられてご臨終~」

というパターンもあります♪

チ~ン。

どちらでもお好みで^^

普段から&幼少時から空想癖があり、
通知表にいつも「心ここにあらずでけしからん」という趣旨のことを
書かれていた私なので、こういうのは大好きです!

38歳にもなって、妄想街道驀進中の走り屋のような私です。

こんなあほな私ですがよろしくお願いいたします





プロフィール

deepinthewoods

Author:deepinthewoods
ビーバーがヒト人口を上回る
“森の中”に移住した筆者。
ケムトレイルやワクチン
など“奴ら”の陰謀
について考える。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

とほほほ

2012年・アセンションプリーズ

庭仕事の楽しみ―園芸療法

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

マキオカのネイチャーな日々

crazy*3

Sign Of Re Action

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

そうはイカの塩辛日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。