スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球大異変、遺伝子組み換えの種子など

一月ほど前 (3/26) にプロジェクトキャメロットのケリー・キャシディーのラジオ番組で放送されたミリアム・デリカドの発言を、皆に知らせなければ、とようやくMacのキーボードをたたき始めました。忙しすぎとか仕事がどうとか、もう言い訳は効かない、ギリギリのとこまで来てしまったもんで…

誰の目にも明らかな天変地異の増加、ふんどし師匠やおちん姐さんのブログと関係あるGM(遺伝子組み換え)植物を避けていく話につながったり、いつものようにシンクロニシティがてんこ盛りです。

((ラジオ放送の要約))
Q:2010年にはどんな地球規模の災害が起こると聞かされた?

Miriam:Tall-Blondes (ミリアムが関わったエイリアン) によれば、大切なのは世間で喧伝される2012年ではなくて2010年だということです。今年から大規模な大異変(アースチェンジ)が次々と起こり始めるからです。すでに1月からハイチ、チリ、インドネシア、中国(チベット付近)など立て続けに大地震が起こっています。彼らによれば今後、6月か7月頃に“非常に大規模な災害”が起こり、この影響が世界各地に及んでいくだろう、ということです。

実はこの災害について、予知夢を見たというアフリカとアメリカ在住の2人から同じ日に連絡が入り、2人とも全く同じ内容を伝えてきました。キーワードは「雲が来る」と「火山の噴火」です。こういったことから6/7月に地震と噴火の大災害が起こり、少なくとも1件は地球全体に影響を及ぼすような大規模災害が起こることが予想されます。人類は協力して、来たる災害の影響を軽減することが必要です。

こういった情報は予知夢として周囲の人に「噴火と噴煙(雲)の夢をみた」といった形で伝えていく事ができます。人間はみずからのエネルギーにより、地球をなだめる(安らぎのエネルギーを送る)こともできます。多くの人が情報を共有していくことで災害の規模を小さくし、ひいては地球に影響を及ぼすことも可能なのです。

こうした穏やかな形で周囲を変えていくプロセス抜きで、つまり人の意識が物理的に周囲を変える力を秘めているという事を自覚せず(というか責任を取らず)に、人類の意識が進化するということはあり得ません。

Q:アイスランドの火山について何か聞いているか?

M:チリ南部に地球上で最大級の火山があることが分かっていますが、6/7月の災害について場所の情報は(Tall-Blondesから)聞かされていません。

Kerry:私もロスに大規模地震がくる非常にはっきりとした夢をみた事があるが、いつなのか特定できなかった。

M:今、多くの人に知ってもらいたいのは、これから更に地球大異変が起こるが、怖いと思ったりパニックに陥ったりしないでもらいたいということです。私たちの思考にはこういった災害の影響を小さくできるパワーがあるのです。皆さんにはこれからくる地球大異変に心身ともにそして精神的に備えてもらいたいです。

それから是非、皆さんに伝統的または先祖伝来の植物の種子を集めて使ってもらいたいです。つまりモンサント社などが作った遺伝子組み換えの種子や法律によって、自然に存在する私たちの伝統的なあるいは先祖伝来の種子 (heritage and heirloom seeds) に対して制限を加えていることに気付いてもらいたいのです。(森の中注:種を撒くと第一世代しか実をつけないF1種子のことを指していると思われます。伝統的な農法であれば、作物のなかから来年に撒くタネをとっておいて自家栽培を繰り返すのが可能ですが、モンサント社などの開発によるF1種子を使うと毎年、種を買い続けなければならなくなるという問題が起こります。)そして各人ができれば家庭菜園で伝統的な種子による野菜などを作れば、地球により優しい形で家族、隣人、コミュニティーに貢献できるのです。

それから皆さんそれぞれが、自分の見る夢やビジョンに注意を払ってもらいたいと思います。現在、夢やビジョンがますますはっきりと明晰になってきています。何かについての警告を表していることが多いです。恐怖心からではなく、自分の身に起こる事を知る意味で、もっと夢に注意を払ってみてください。

南米コロンビアのコギ族からのメッセージでは、人類はもっと賢くやっていかないと水資源が枯渇し、我々は死滅することになるということです。コギ族は水の守護者です。私たちが行動を変えて未来を変えられる期間は非常にわずかしかないということです。もう時間がないのです。

最後のメッセージは、「調和」と「一致団結」です。自分のコミュニティー、ネットワークでも何でも構いません。自分がインターネットで得た知識、または自分の師事する賢者からのメッセージ、何でもいいから他人と分かち合い、伝えていかなければなりません。なぜなら、次に起こることとして経済システムの崩壊による大混乱、そして食糧危機があるからです。
((ラジオ放送の要約終り))

ミリアム・デリカドは、80年代にカナダのBC州でTall-Blondes (長身金髪)と呼ばれるエイリアンに遭遇。自分の今生での果たすべき役割を聞かされ、それを果たすべく現在、北アメリカと南アメリカを往来しています。先祖代々、人類の未来に関わる預言を受け継いできた北と南の先住民の長老を引き合わせる、イーグルとコンドルの会見を実現させようとしているのだそうです。

<参考>
ミリアムデリカドのオフィシャルウェブサイト
http://www.bluestarprophecy.com

ブルースターのスピリチュアルエッセイ、ようずのスピリチュアル体験記
(ミリアム・デリカドについて日本語で書いてあります)
http://blog.goo.ne.jp/blue-star-youzi/e/ac7c019d2a25620c7275ed531291d4a4
スポンサーサイト
プロフィール

deepinthewoods

Author:deepinthewoods
ビーバーがヒト人口を上回る
“森の中”に移住した筆者。
ケムトレイルやワクチン
など“奴ら”の陰謀
について考える。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

とほほほ

2012年・アセンションプリーズ

庭仕事の楽しみ―園芸療法

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

マキオカのネイチャーな日々

crazy*3

Sign Of Re Action

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

そうはイカの塩辛日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。