スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水でクルマが走るって?(チーム玉蔵の思考実験参加)

今から70年以上昔の第2次世界大戦があった頃、クルマに入れるガソリン不足で困った地元の人たちが考え出したのはこの辺りなら無尽蔵にある樹木を切り出し、そこからガスを取り出して液状にし、それを使って走るという方法だった。

昨秋なんて、ウチの森から車で30分先にある町で「クルマを木のガスで走れるように改造する」なんて講演会があったもんだ。近所から元牧師氏が聞きに行って「いやあ、ありゃ走れるね。だがクルマにどでかいタンクを積まなきゃならんから人は乗せられん」とか言って帰ってきた。

コドモやら積み荷やらが載せられないクルマはいただけない、と思っていたんだが何せ樹木なら裏山にイヤって程ある。これを使わない手はないよな、と思っていた。

そうしたら今度は何だと思う?水で走るクルマだ。
これは使える。水なら任してくれというくらいこの地域には水が無尽蔵にある。下流にある大きな河の水源地帯だし、ウチの前にだって大きくはないがちょっとした湖がある。(あ、今は凍っているからスケート練習場にしてるけどね)

樹木ガス車みたいな巨大タンクは積まなくていいっていうし、それならウチの湖の水をポリタンク何杯分か積んで走らせて、東から西まで大陸横断だってできる。今ならバンクーバーにオリンピックを見に行くことだってできるじゃないか。(あ、早くしないと後一週間くらいで終わっちゃうけど)

ガソリンスタンドに行かなくったって川でも湖でも水ならどこにでもある。もちろんカネもかからない。いやぁ、人類も散々、環境を破壊してきたけれど、ついに少しましな方法を編み出したって事だね。元が水だから燃やしたって硫黄系のガスが出る訳でもなし。

…ということは花粉症も解消ってこと?
これって一挙両得ってやつじゃないか!!

スポンサーサイト

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

deepinthewoods

Author:deepinthewoods
ビーバーがヒト人口を上回る
“森の中”に移住した筆者。
ケムトレイルやワクチン
など“奴ら”の陰謀
について考える。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

とほほほ

2012年・アセンションプリーズ

庭仕事の楽しみ―園芸療法

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

マキオカのネイチャーな日々

crazy*3

Sign Of Re Action

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

そうはイカの塩辛日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。