スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thrive (繁栄)その後

先月、紹介した映画「THRIVE(繁栄)」日本でも知名度があがってきました。

1/4付けの井口和基さんのブログでは次のように紹介されています。

必見「THRIVE(繁栄)」:P&Gの御曹司フォスター・ギャンブル、”ギャンブル”に出る!?

((井口先生ブログよりコピペ))
このドキュメンタリーの素晴らしいところは、解決策として、私もしばしばここにもメモして来たように、ガンジーやマーチンルーサーキング牧師の「非暴力、非服従」の精神を貴重にしているところである。
(中略)
すべては言っていることの中身が重要である。それと行動である。この意味では、フォスター・ギャンブル氏の「THRIVE」の主張は非常に素晴らしいものである。私は、そこでの内容は100%信じてもいいと考える。まあ、いずれにせよ、判断するのは自分自分である。
((コピペ終わり))


DVDを購入しなくても「ウェブサイトから48時間レンタル」できることを先月書きましたが、日本語でレンタルする方法を詳しく書いてくださったのは「アセンション・シリーズ」でおなじみの小松英星さん。

映画Thrive(スライヴ)―遂に「大いなる目覚め」の鍵が身近に!

小松先生のウェブサイトは精神世界の知識の宝庫ですが、この映画について読者とのやり取りが出ていますので是非、読んでみてください。

映画Thrive(スライヴ)を視聴して

映画Thrive(スライヴ)を視聴して(続)


2012年がいよいよ始まりました。
この12月の冬至でマヤ歴の1サイクル26000年が終了するわけです。そのことをこの世の終りのように騒ぐ人もいます。

でも、私はどちらかと言えばバシャールのいうように「これまでネガティブに傾いていた地球での意識が、どちらかといえばポジティブな方向に傾く」という節目なのではないかと思っています。

何よりも、地球人が自分でしてきたこと(環境汚染とか、恣意的に作られた飢餓とか経済格差とか)を、地球外生命体がやってきて始末してくれるはずはなく、自分たちで始末しないと他に誰もしてくれる訳がないのです。

先は長い、けれど何かの転換が起きる大切な年、なのではないかと思っています。そのためにも1人でも多くの人が目覚める必要があります。

映画「THRIVE(繁栄)」、引き続き拡散をおねがいします。
スポンサーサイト

Thrive(繁栄)というドキュメンタリー映画

一年半も更新が滞っていました。
東日本大震災をはじめとした大災害が起きたり、自分の身の回りの生活が忙しかったり、とかさまざまな言い訳を考えつくんですが、一番の原因は情報過多で自分がパンク寸前になっていたという事でしょうか。web上のフォーラムの混乱に巻き込まれたり、情報を読込むだけで精いっぱいだったり、自分の中で大混乱していました。

もういい加減、何とかせねばならないので、遅ればせながらまた更新をして行こうと思っています。(あ、でも伝えたい情報があったときだけね。)


シドニーおちんさんの所にも書き込んだんですが、『Thrive』というドキュメンタリー映画をみんなに観てもらいたいです。

フォスター・ギャンブル氏が8年の構想を経て、生涯で調べて得た情報を一本の映画に紡いだものです。

地球上のどの生命もが繁栄しているように、なぜ人類は繁栄できないのか。なぜ紛争・戦争・飢饉などといった状況にさらされ、サバイバルするのがやっとなのか。どんな力が人々の豊かな生活を阻んでいるのか、いつのころから、どんな事が始まったのか。

こういった疑問を解く鍵は何か。彼はお金の流れをたどり、エネルギー、食糧、教育、医療、そして金融を操る巨悪の元を次々にさらし出します。(これまで色々調べてきた人には既知の情報であることも多いですが、これまでメディアとか政府だけを信じてきた人たちには驚きの情報であることは間違いありません。)

彼が長年かかって探し出した、繁栄への鍵はクロップサークルにも出てくるような「円環面(torus)」という幾何学立体図形です。地球を取りまく地磁気も、あるいは銀河系をとりまくエネルギーもみな同じドーナツ型の立体であらわされます。石油・電気といったエネルギーが、torusが象徴する新エネルギーにとって替わったとしたら、そしてそれをつぶしにかかる勢力が無くなったら…

フォスター氏は、プロクター&ギャンブルのギャンブル家、直系の御曹司です。そのことから、この映画自体を怪しいとか、何かたくらんでいるに違いない、とかいった観方をする人もいます。だとしたら、何故、わざわざ「奴らの側」が不利になるようなことをこれほど手間ひまかけてバラしたりするんだろうか。私は最近、この人のインタビューも聞いたのですが、純粋に「奴らの側」から抜け出た人だという印象を持ちました。恐らく奥さんのキンバリーさんの影響も大きかったのではないかと思います。

The THRIVE Movie: An Exclusive Interview With Foster Gamble
Thriveのフォスター・ギャンブル氏とのインタビュー(英語)
http://worldwidetippingpoint.com/2011/11/the-thrive-movie-an-exclusive-interview-with-foster-gamble/


ところでこの映画がすごいと思うのは、問題提起で終っていないことです。解決の糸口を考えよう、あるいは行動に起そう、という部分まで踏み込んでいます。ウェブサイトではそれぞれの項目についてさらに深くつっこんで書いてもあります。(これについては長くなるので次のエントリーで書くことにします)

ホームページが全部英語なのは残念ですが、DVDのナレーションは英語以外に日本語、仏語、西語、中国語に切り替えも可能。さらに、北米で作ったDVDですが、地域コード0、つまり全世界で観られるディスクです。全世界の人に観てもらって、目を覚ましてもらいたい、とわたしも思います。

アメリカではアマゾンドットコムでも販売。それ以外の国は今のところウェブサイトから購入するのが唯一の方法のようです(カナダも含めて)。英語が分かる人は、ウェブサイトから48時間レンタルという方法もあります。

ちょっと仕事が立込んできたので、続きはまたこんど。

THRIVE: What on Earth Will It Take?(上映時間 132分)

*12/6/2011 細かい部分を追加修正しました。

人工地震のスイッチを押させない方法の例

前回は東京大地震を回避する方法、などとエラソーに書いておきながら、実際にどうするのかについては、シドニーおちんさんのページに飛ばさせてしまったり、はなはだ不親切な書き方をしてしまいました。急いで書いたもので、本当にすみません。

さらに「スイッチ押しちゃダメだっぺ大作戦」のフォローをするつもりがそれもすっかり抜け落ちてました。

ですので、奴らに人工地震のスイッチを押させない方法の実例として、まいどさんのページを勝手に転載させてもらいます。(まいどさん許してちょんまげ)

<<転載開始>>
さて、深夜ふと目が覚めてブログを覗いたら、
震度3の地震が東京であったとのワンだ5等兵さまからの連絡。
(私はどんな情報過疎にいるんでありましょうか!)
そうか~。すかしっぺにはならなくて、ちょっと音が出ちゃったんだ~と
安心してベッドに入ったものの、ここはまだ気を抜いてはなんないでっしょ!と思い直し、
深呼吸をしてからイメージしてみましたよ。

狭く暗い無機質なお部屋の中、
なんだかわかんないんだけど、大きな赤いスイッチを前にした人の影の周りを
半透明の人(私たち)6人ぐらいで、そのスイッチを押さないように念じながら囲んでいます。
・・・・(私ってボキャブラリーだけじゃなく想像力もNGみたい。)

前にバシャールが夜中の2時ぐらいが一番集中力があがるとか読んだ気がするので
そうか、今ちょうどチャンス!っと思ったのだが、
これ結構疲れますね。あんど眠くなってきたし。
・・・・とりあえず、スイッチを押せないようにしちゃえ!
急遽、イメージを切り替える事にした私は、ポケットから、瞬間強力接着剤をとりだして、
スイッチの周りを塗り固め、完全に乾くのをまって、どっぷり眠ってしまいますた。

そして、眠っている間に、夢の中で5層目パイプでぐるぐる回っている
誰かの楽しそうなお皿を受け取ってしまいますた。誰のだったかはわからない。

すみません。今夜はまじめに実験します。

ありがとう。
ごめんなさい。
許してください。
愛してます。
ぽのぽの
<<転載終り>>


こんな感じで、意識的に現実を創り出すために筋書きを自分で考えて強~く思う、という作業をなるべく多くの人にやってもらいたいなぁ~と思っています。違う現実を創り出してしまいましょう。

まいどさんも好きだというバシャールは、あるビデオの中で「想念で各人が未来を創り始めたら、例えばある人が恐怖に打ち震えるような経験をしている真最中でも、その隣にいる人は正反対の現実を見ていたり、全く違う経験をするという事も起こりえるんだ」と言うてはりました。

この違う現実が並行して起こるというのを、ドロレス・キャノンというおばちゃまもプロジェクトキャメロットで最近、話してました。次回にその話が書けたらいいんですが(と急に気弱に)。ちょっとこれから仕事じゃないがボランティアワークがたてこみそうなので、それではまた書ける時に書く、と言う事で(って、いつもと同じじゃん)

東京大地震を回避する方法

4/30に書いたミリアム・デリカドは6・7月に何か大きな地球規模の大異変が起こると言っていたけれど、日本でも5月以降に何か起こりそうという、いわば警告を玉蔵先生がだしておられます。

簡単に言うと、東京をターゲットにした巨大人工地震が起こる恐れが5月から高まってくる。来年の1月18日までの間で、数字の合計が18になる日はあぶない。(たとえば5月13日=5+13=18、6月12日=6+12=18、6月16日これは合計18ではないが、616というのは666と並んで獣の数字、7月11日=7+11=18、~来年の1月まで)、ベクテル社が工事に関わった場所はあぶない(アクアライン、お台場付近)、天皇陛下が東京から離れる時は気をつけるべし、などなど…

つまり“居る皆低”の連中が、脅し->恐怖に陥れて支配の道具に使う、といういつものパターンが展開されようとしている訳です。

だが、しかしっ。人間の意識(想念)には現実を創り出すパワーがあり、それでもって奴らに対抗出来るはずだっ!と言う訳で、われらがブロとものシドニーおちんさんが立ち上がりました。

今こそ、5%革命団のみなさん! 出番でござんす!!!

因に5%革命団というのは、世界人類のほんの5%でも人々の意識が変わって良くなれば、“居る皆低”の連中を操っている、悪玉宇宙人のヤツらの計画が阻止できる、っていう情報を仕入れたシドニーおちん姐さんが展開している運動です。(ちょっと長めの記事ですが、下の方まで読むと「5%革命」の話が出てきます)

あ、それで今回の話にもどりますが「出番でござんす」の記事の中でおちん姐さんは、いかにして私たちが東京に来るかも知れない大難を小さくできるか、どうやって自分の中のネガティブなエネルギーを消し去るか、さらに想念の力で近未来を現出させるか、具体的にとても分かりやすく書いています。

これを読んでくださった方はひとつ、だまされたと思って、真剣にやってみてください。特に、意識の力で未来のビジョンを描く部分では照れとか、な~んちゃって的な遠慮は要りませんので、がっつりと「こうあってほしい未来」を思い描いてください。想念の力で良い未来を引き寄せてしまいましょう!居る皆低の連中が退散すること間違いなしです。
プロフィール

deepinthewoods

Author:deepinthewoods
ビーバーがヒト人口を上回る
“森の中”に移住した筆者。
ケムトレイルやワクチン
など“奴ら”の陰謀
について考える。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

とほほほ

2012年・アセンションプリーズ

庭仕事の楽しみ―園芸療法

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

マキオカのネイチャーな日々

crazy*3

Sign Of Re Action

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

そうはイカの塩辛日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。